/static/media/images/icongroup/treatment.png
/static/media/images/icongroup/message.png

私は35歳から毎年欠かさず人間ドックを受けていますが、それで発見され良かったです。病気が見つかるのが怖いからと人間ドックを受けない方が多くいますが、私は受けるべきだと思います。昨年は食道に2箇所、ポリープが見つかり摘出しました。やはり、1回/年は人間ドックを受けるべきです。

ひこりんさん 40代 男性 / 診断後5〜10年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/life.png
/static/media/images/icongroup/message.png

がんというと余命短い病気という印象が非常に強いですが、甲状腺がんをはじめ、最近は余命も長くなっています。周りの社会(特に仕事面)もそうした人材の活用をワーク・シェアリングなどでもっと活用していってほしいなと感じます。

まっくさん 40代 男性 / 診断後5〜10年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/feeling.png

癌がわかってからは人生を振り返ったり、今後の生き方を考え直したりしました。そして今生きている事への幸せを改めて感じました。癌になった事はマイナス面ばかりではなく、プラス面もたくさんあったと思っています。

ごまさん 40代 女性 / 診断後5~10年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/feeling.png
/static/media/images/icongroup/communication.png

がんになって、家族の私に対する思いの深さに気づきました。術後、どんな状態になっても支えていくから生きていてほしいと言われました。手術の時は親や妹や友人が手術室の入り口まで見送ってくれて、9時間の手術の間、祈って待ってくれていました。私は本当に家族や友人に恵まれていると思いました。具合が悪くて家事が出来ない時は家族が文句も言わずにやってくれています。友人も食事を作って差し入れしてくれたり、メールや手紙をくれたりします。RI治療は手術をした病院では出来ないので、遠方の病院に入院しシンチグラムを受けなければなりませんが、主人の会社の上司も理解してくれていて、主人が仕事を休んで車で送り迎えしてくれます。病気になって、悪いことばかりではありません。自分がどれだけ大事にされているかもわかりましたし、逆にいろんな医者がいることもわかりました。以前より、人の痛みも理解できるようにもなったと思います。

めぐさん 40代 女性 / 診断後1~3年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/feeling.png
/static/media/images/icongroup/communication.png

若いうちのがん、というと進行が早い、恐ろしいものという印象が強いですが、甲状腺がん(乳頭がん)に関してはあまり当てはまらないようです。自分も調べてみて初めて知りました。
家族や親しい友人も、病気を告白した当初は険しい表情(母は私ががんになってしまったことに対し、自身を責めてさえいました)だったものの、平常通りに生活する私の姿を見て徐々にそういうがんもあるのだと安心してもらえているのは自分としても怪我の功名?の様に思います。告白するかどうか迷いましたが、大丈夫ということを示すためにも、自分の場合は言ってよかったと思いました。
また、がんになってしまったことで終わりなのではなく、如何にこれから自分とがんが暮らしていくのかという方が遥かに重要なのだと思いました。再発しても、しょうがないので何とか折り合いをつけつつ長いお付き合いをしていきたいです。

かめたろうさん 30代 女性 / 診断後1~3年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/feeling.png
/static/media/images/icongroup/money.png

たまたま、癌保険に入っており、本当に助かりました。これは、あくまで「保険」であったものの、友人の勧めで加入し良かった事と思います。
私が通院、手術をしていただいた病院は甲状腺専門の病院でしたが、本当に同じ病気、或いは、それ以上に日々辛い状況の人々が沢山います。一人ではない、自分だけではないと思うと頑張れる気持ちになります。

りんごすさん 50代 女性 / 診断後5〜10年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/feeling.png
/static/media/images/icongroup/message.png

とにかく1年に一度は検診を受けること。自覚症状のない病気は非常に多いです。私の甲状腺癌もまったく自覚症状なしでした。 病気になる前は、自分の行動を他人に合わすという考えでしたが、病気後は自分の考えた方向に進める事が出来るようになりました。病気に対して敏感になりすぎることもありますが、一病息災という事は有りうると考えて生活しています。

print05さん 50代 男性 / 診断後10~20年未満 乳頭がん

/static/media/images/icongroup/communication.png

私の場合は、甲状腺がんの可能性が高いと言われた時から、夫は動じることなく対処してくれ、冷静に受け止めてくれました。一方、私の両親はがんと聞いただけで、娘が先に死ぬんじゃないかと泣き叫び、現状を考える余裕がなくなってしまいました。このことは甲状腺がんを乗り越えようと必死に考えていた私にとってかなりの負担でした。私が何を言っても乱れてしまうので、見兼ねた夫が、両親に、私はがんではなくポリープみたいなものをとるだけですよと、事実とは違うことを伝え、落ち着いてもらいました。夫と同じ方向を向いて手術や治療を受けることができて精神的に安定することができました。家族の理解は重要だと強く感じます。

ゆこりママさん 40代 女性 / 診断後10~20年未満 乳頭がん

バイエル薬品が2014年10月に実施した甲状腺がん患者さんの調査から得られた「気づきや今の思い」も
参考にしていただけると幸いです。